ボトックス注射は本当に安全なのか?注入後に出る副作用について

副作用が出たら医師に相談

カウンセリング

顔の筋肉が衰えて笑うことができなくなる

ボトックスは、筋肉を麻痺することで筋肉を収縮し、エラを改善し顔を細くしたり、シワやたるみも改善してくれます。しかし、ボトックスの効果は長くは持ちません。ボトックスの効果を持続するには定期的に治療を受ける必要があります。ボトックスの量を多くし、注射をする回数を増やすと効果が長く続くと思っている方もいると思いますが、ボトックス注射をやりすぎるのはおすすめできません。なぜなら、顔に大量のボトックスを注入してしまうと、顔の筋肉が麻痺してしまう局所顔面神経麻痺という症状が出る恐れがあるからです。この症状が出てしまうと筋肉が硬直してしまい、自由に表情筋を動かすことができなくなります。筋肉が硬直してしまうと顔が歪んでしまい、うまく笑うことができなくなり、口を大きく開けることもできなくなります。笑ったり、怒ったりするなど顔の筋肉を動かすことで、シワやたるみを防ぐことができます。表情がとっても豊かな方は、常に表情筋を動かしているから、シワやたるみができにくいのです。しかし、ボトックスの量が多すぎてしまうと筋肉が動かしにくくなるので、筋肉を鍛えることができず、筋力が低下してしまいます。筋肉が衰えてしまうとずっと、顔の皮膚はたるんだままになります。ボトックスの大量注入が原因で顔がたるんでしまうと、ボトックス注射を打ち続けないと筋力を保つことができなくなるのです。顔の状態によってはボトックスだけではなく、他の治療もしないと改善されない場合もあります。顔の筋肉が衰えてしまうと日常生活にも支障が出ますので、ボトックス注射は簡単なようでいて、実は難しい治療法なのです。注入する場所によって必要な量を見極め、筋肉とのバランスを考えて施術をする必要があります。厚生労働省に認定されているボトックスを使用している美容クリニックは安心ですが、中には厚生労働省の認可を受けていないボトックスを使用しているクリニックもあります。他のクリニックよりも圧倒的に料金が安いクリニックがあれば、警戒をした方が良いでしょう。いくら料金が安くてもそのボトックスで治療をしてしまうと副作用が出る危険性が高くなります。ボトックスは安全に使用できる成分とはいえ、患者の体質とボトックスの相性が悪いとアレルギーが出ることもありますので、もし、ボトックスを注入した後に具合が悪くなったら、すぐに医師に伝えて下さい。ボトックス注射をして死に至ったという症例はありませんが、副作用が起こらないようにアレルギーを持っている方は、カウンセリングをする際にどんなアレルギーを持っているか、飲んでいる薬についてなど医師に相談してから、施術を受けた方が良いでしょう。人によっては、顔にボトックスを注入した後に顔の突っ張りや引きつりなどの副作用が出る事はありますが、表情筋の動きが一時的に鈍っただけの場合もありますので、大体1~2週間経って柔らかな表情を作ることができるようになります。ただし、2週間経っても顔にまだ副作用が続くようであれば医師に相談して下さい。

Copyright© 2019 ボトックス注射は本当に安全なのか?注入後に出る副作用について All Rights Reserved.