ボトックス注射は本当に安全なのか?注入後に出る副作用について

切開手術よりも安全

医者と看護師

ボトックス注射は副作用が少ない

整形手術をすると多くがメスを使用して切開をするので、麻酔をしていても痛みが伴うことがあります。切開をした後は皮膚を引き伸ばして、縫い合わせをするので、顔に傷跡が残りやすいです。エラを改善するために手術をすれば必ず施術箇所である顔が腫れます。ダウンタイムも長いので、患者の体の負担も大きいです。半永久的な効果はありますが、手術をする際は相当な覚悟が必要になります。ボトックス注射であれば、治療したい部位に注射を打つだけなので、体の負担も少なく、安心して治療を受けることができます。注射跡は残りますが、跡は目立ちにくく、メイクで隠すことができるので、整形をしたことを周囲にばれずに過ごすことができます。ボトックスは人体に害のない成分なので、顔や体に注入しても大きな副作用を引き起こす心配はありません。注入をする場所や量にさえ気をつけていれば、安全に使えます。ボトックスなら顔に注入しても顔が腫れることはありませんし、痛みもほとんどありませんので、手軽に受けることができます。切開だと手術時間が長いですが、ボトックスは施術時間が短く、注射をする箇所が1つだけであれば5~10分程度で終了します。人によってはボトックス注入後に体がだるく感じることもありますが、この病状は一時的なものなので、顔や体に負担をかける行動をしないで、安静にしていればすぐに回復します。ボトックス効果の持続期間は半年から1年程度と言われているので、効果を持続させるには定期的に注射をする必要がありますが、何度か治療を受けているうちにボトックスの効果が高まりますので、持続効果も長くなります。ボトックス注射は安全にできる施術ですが、副作用で1番多いと言われているのが、内出血です。これは注射をする時に、注射の針が細い血管にぶつかったことで起こる副作用です。注射針が血管にぶつからないように気をつけて、施術はしますが、部位によっては注射の針がどうしても細い血管にぶつかることもあります。万が一、施術中に内出血が起きても1週間ほどで回復するので、痛みが長引くことはありません。ボトックスにはダウンタイムはほとんどないのですが、患者の体質によっては治療後に痛みや腫れなどの副作用が出ることもあります。副作用が出る可能性も考えて、治療を受ける際はアフターケアが万全に整っている美容クリニックを選ぶと良いでしょう。施術後に副作用やアレルギー作用が出ても、早急に対処してくれます。信頼できる美容クリニックであれば施術後のケアをしっかりやってくれるので、精神的負担も軽減されて、安心して治療を受けることができます。ボトックス治療をして理想の顔や肌を手に入れるためには、自分に合ったクリニックを選ぶことが大切です。実績や症例数が多く、ボトックス治療を多く経験している医師に施術をお願いすれば、副作用が出る心配はありませんよ。

Copyright© 2019 ボトックス注射は本当に安全なのか?注入後に出る副作用について All Rights Reserved.